立憲パートナーズ大田の会

集会開催ガイドライン(新しい感染症)

自分を守り市民活動を萎縮させないために

主催者としての判断

開催地域での状況について情報を集め高い安全性を確認する

参加人数は会場の収容定員の50%以下とし、コントロールの難しい規模のものは当面見合わせる。

十分な事前の準備を行う、準備が間に合わないときは開催を見合わせる。

状況が悪化した場合は前日でも当日でも中止する。

主催者としての準備

会場内の除菌、ドアノブや机、いすなど

体温測定機器の準備、除菌スプレーやウエットティシュ、除菌マットなど会場の状況に応じた準備を行う

会場の設定を工夫して参加者のスペースを確保(密集しない)

時間の短縮努力、事前に資料配布など

時間が1時間を超える場合会場の換気を行う。

主催者としての参加者への呼びかけ

最近1週間の健康状態の把握(健康チェック票を参考に)

微熱、咳など体調に不安がある場合は参加しない

疲労、睡眠不足などがある場合も参加を見合わせる

参加者にマスクの着用を呼び掛ける

握手は避けソーシャルディスタンスを保つように呼びかける。

健康チェック票

ここ1週間の体調についてお聞きします。

発熱はない

疲れやだるさはない

睡眠は十分とっている

味覚嗅覚に異常はない

ここ1週間の生活行動についてお聞きします。

職場や通院先など身の回りで感染者が出ていません

混雑した電車や場所に長時間滞在したことはない

2020・6.1 立憲パートナーズ大田の会

 

集会開催ガイドライン(新しい感染症)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トップへ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。