立憲パートナーズ大田の会

第62回定例会報告

日時 2021年12月6日(月) 18:30~20:20
会場 消費者生活センター2F

参加者 大坪、下平、仲田、福石、塩川(中座)、向達(中座)、山口、可児、小林(敬称略)

庄島区議(中座)

司会 可児

記録 小林

議  題

報告事項18:30~18:50

20日 立憲民主党代表選パートナーズ演説会Zoomでの開催された。

きゅりあんで松原仁さんの当選報告会が開かれた。

22日 総選挙緊急アンケート検討会議

奈須さんに参加いただき総選挙に対する、外から見たご意見をいただいた。

その後まとめが作られた。詳細はhttps://cpmota.com/  でご確認ください。

27日 全国市民連合、総括会議 Zoom で開催された。

全国各地からの報告があり、地域によって取り組みが大きく異なっていたとの感想があった。

まとめの報告があったら紹介する。

30日 立憲民主党代表選

新代表に泉健太さんが選出され、翌日新しい執行部が決まった。

代表代行     逢坂誠二     幹事長      西村智奈美

選挙対策委員長  大西健介     政調会長     小川淳也

国会対策委員長  馬淵澄夫     両院議員総会長  阿部知子

その他

地域で活動するパートナーズネットワークリモート交流会で指摘されていた、維新の動向についての情報交換をリモートで行う提案を大阪のパートナーズの方々に行った。まだ回答はないが返事があったら取り組みたい。

打ち合わせ18:50~19:10

,斉藤都議、小川・庄嶋・平野区議合同議会報告会
12月18日18時~20時  大森ラズ

4区総支部長不在でも、立憲民主党としての活動を進めてほしいとのパートナーズ大田の会の要請から始まった取り組みについて、庄嶋区 議より「エールおおた区議団 年末議会報告会」として開催する。参加者の取りまとめと当日の司会は区議団で行う。チラシを作製したので、駅頭の際の手渡しや知人への声掛けの際に利用したい、との報告があった。(駅頭活動はMLで案内があります)

参加者は50人定員なので、都議・区議1人で10人、パートナーズ15人の合計55人目標で取り組む事を確認。

当日お手伝い(受付、写真など)可能な方は17:30に会場までお願いします。

 

協議事項19:10~20:20

1, 緊急アンケートの結果から次の取り組みにつなぐ
◎今後の活動で優先的に取り組むべきこと◎新しい執行部や他のグループに提案したい事について意見交換がされた。

・口聞き政治の問題や議員のパートナーズ制度の理解が低いことなどを取り上げては。

・大田区の様々な人と会ってつながりを広げていく必要がある。そのような積み重ねの上に野党共闘の前進がある。

・憲法改定や国防のことなども正面から検討すべきではないか。

・パートナーズの会としての訴えをまとめたチラシを作って街頭宣伝やポステイングもやったら。井戸さんが使っていたスクリーンを使っ た立憲民主党の政策アピールとか。

今後取り組む課題については、提案を具体化するための取り組みの方法と合わせて、提案してもらいその都度検討する。

2,今後の取り組みについ
◎12月最終 たまには気楽に望年会?
25日?日程調整して、集まれる人で、居酒屋政治談議?まとまったらご案内します。
◎歩いて知る大田区  池上駅から本門寺を歩く
3回目を 1月16日に開催予定。近くチラシを作ります。

ほかのテーマがあれば提案してください。

 

3、3周年記念の会2月下旬

記念シンポジューム 「目指すべき社会像を探る」
開催に向けた準備活動として「提案プレゼン大会」を12月20日(月)8:30~20:00を開催する。
1人5分 街頭での訴えを想定しプレゼン(6~7人)を行い
区議(立憲に限らず)などから講評をいただき、シンポジュームに向けての絞り込みを行う。

 

4,その他

今後さらに幅広く地域での自主的な活動を進めるために、現在の会の名称「立憲パートナーズ大田の会」

を変更してもよいのではないか、という提案もあるので、今回は審議できなかったが、今後も検討を続ける。

トップへ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。