立憲パートナーズ大田の会

第56回定例会報告

 

日時:2021年9月6日(月) 18:30~20:30

 

会場:準備はありませんZoomのみです。

 

出席者:仲田、塩川、大坪、向達、山口、下平、横嶋、可児(敬称略)

 

進行:可児

 

報告事項:18:30~18:50

 

1.井戸さんポスター大作戦

 

3回の行動で33枚貼る事が出来た。今も地元の人からの貼れるところの連絡があり、ある程度集まったら行動の呼びかけを行いたい。地元の人に貼る場所を見つけておいてもらい、実行すると短時間で成果が出る。今後さらに取り組みを進化させていきたい。

 

2.立憲都連パートナーズミーティングZoom

 

21日、塩川さんが関東パートナーズ交流会の報告をおこなった。

 

3.大阪パートナーズグループ情報交換Zoom

 

18日大阪の人たちと情報交換を行った。大阪全体での情報交換を行っている段階で、地域密着のグループはまだ2つほどしかないとのこと。今後も情報交換を行うことに。

 

4.橘民義さん、井戸まさえさん講演と対談の会

 

9月4日、生活センター18人Zoom19人の参加で2021総選挙「変えよう」をテーマにおこなわれた。

 

前日に菅首相が総裁選不出馬を発表したこともあり、総選挙に向け何を中心に訴えどう行動するか、関心が高かった。

 

看板の架け替えに騙されないで、問題解決には政権交代が必要なことを臆することなく訴えていこう。

 

5.品川パートナーズの会キックオフ集会

 

横嶋さんから9月5日、品川きゅりあんでパートナーズ品川の会がキックオフ集会を開催し、正式に発足した事が報告された。3区松原代議士,阿部都議が参列、長妻さん、蓮舫さんがリモートでお祝いのメッセージを寄せた。その後Zoomで米山隆一前新潟県知事が「いま変える 明日が変わる‼」と題してコロナの現状と今後について記念講演を行った。おおたの会からも、4人が参加エールを送った。

 

6.市民連合おおたの会の動き

 

9月3日、消費者生活センターで市民連合おおたの会の世話人会が開かれ、総選挙に向けた野党共闘を目指してまとめられている要望事項の検討が行われた。

 

緊急意見交換:18:50~19:30

 

菅首相退陣によって総選挙の取り組みはどうなるか。どうするか。

 

3日に菅首相が自民党総裁選に出ないとの発表があったことを受けて各自どのように受け止めているのか、これにより総選挙での訴えや取り組みに何か影響が予想されるのかなどについて、意見交換が行われた。

 

だれが首相になってもコロナ対策の混乱迷走は、政権与党の自民党自体の無責任な政権運営が招いたことであり、議会制民主主義の基本は自民党の内部の権力闘争ではなく、政権交代をすること。野党はまとまってしっかり訴えていく必要があるとの結論。

 

協議事項:19:30~20:30

 

総選挙に向けて今後の取り組みについて

 

1.緊急アンケートで集まった井戸さんに取り上げてほしい政策要望は、その後集まった意見を付け加えて今週中に届ける。

 

2.その他の取り組みについて

 

*井戸さんの街宣活動がツイッターなどで流れているが、予定が決まっているなら前日でもいいので伝えてほしい。

 

*ポスター貼りなど井戸さんからの要請に基づいての取り組みを進めるとしても、井戸さんがどの様な選挙戦をやろうとしているのか伝わってこないと、あまり動きようがないのではないか。

 

*ポスター大作戦は新しいところのお知らせが集まっているので、もう一度行動日を決め取り組む。

 

*支持者集め・カンパと言っても難しいところがある。取り組みのハードルを下げて、少なくても公設はがきを出せる人を集めていくことならできるのでは。

 

*3人の区議・都議斉藤さんがどのような取り組みを予定しているのか確認する必要があるのではないか。

 

*応援するラインチームを立ち上げてはどうか。

 

*政権交代の受け皿を作る➂を奈須さんや野呂さんを招いた開いてはどうか。

 

*ジェンダーなど井戸さんが取り組んでいる課題をテーマに大田区での問題としてのとりくみとか。

 

学習会テーマ、講師など

 

総選挙後の取り組みとして、今から講師とか絞っていってはどうか。目についたときにMLに提案する。

 

トップへ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。