立憲パートナーズ大田の会

12.7井戸まさえさん講演会が開かれました


12月7日、立憲パートナーズ大田の会は、東京4区総支部長の井戸まさえさんを招いて「政権交代の受け皿を作る」をテーマに講演会を開きました。この講演会は、4区での野党共闘候補を早く決めてほしいという市民の切実な願いを形にしようという行動の一つで、30人ほどの市民が参加しました。講演会には立憲民主党の区議をはじめ1人会派の区議3人も参加しました。

井戸さんは政権交代が実現した民主党時代の経験も交えて今取り組むべき政策について語り、今の選挙制度の下では野党が本気で候補者を1本化しなければ安倍政権を倒すことはできないと訴えました。

質疑でも、失敗ばかり強調される民主党時代の評価すべき政策をきちんとアピールし、新たな共通政策を打ち出してほしいという強い意見が出されました。

今後も市民の自発的行動が4区での野党共闘の動きを加速させることが期待されます。(かにさん)

12.7井戸まさえさん講演会が開かれました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トップへ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。