立憲パートナーズ大田の会

「選挙への政策要望について」~井戸まさえさんに提出しました!~

立憲民主党東京第4区

総支部長 井戸まさえ様

総選挙が近づく中、立憲パートナーズ大田の会では、取り上げてほしい政策などについてメンバーに緊急アンケート調査を行いまとめました。

要望というよりはこのような意見があり参考にしていただくことを狙いとしたものです。なお、これは届いた意見をまとめたものでパートナーズの会の統一した意見ではありません。

都議選でも終盤に政策を問う区民の声は多くなりました。また政権交代を願う市民の多くは政策に関心が強いと思います。

看板塗り替えの自民党に騙されない為にも、心に届く政策を適宜発信していただけるようにお願いいたします。

   2021年9月10日  立憲パートナーズ大田の会

総選挙で井戸さんに取り上げてほしい政策などについて

◎大田区内の医療提供体制の総点検と保健医療体制の建て直し(保健所の増設や増員など)を進める。区民へのタイムリーな情報提供を区議、都議の方々と連携して行う。

◎予備費30兆円を使って医療機関で治療を受けられない人や自宅に放置される人を助けるための仮設医療施設の整備。
◎ジェンダー平等が遅れていることへの怒り!
男女共同参画社会実現の目標値だった「2020年には指導的地位に占める女性の割合が30%」という目標はどうなった?

◎貧困・格差の拡大を止める有効な対策を打ち出してほしい。
◎株取引による所得への課税を強化することを主張してほしい。

◎都議選でも子育てを取り上げている人は結果を出している。子育て安心、老後も安心みんなが笑顔になる政治

◎小中学校での、児童生徒への感染症対策の強化(学童保育も含め)

◎コロナ禍での、児童生徒の学習機会の保証(学童保育も含め)

◎談合、お仲間で裏取引、政治の腐敗を正し駄目なものはだめ、まっとうな政治を

◎議員の世襲禁止のための有効な対策を打ち出してほしい。

◎中小事業者や地元企業、地場産業、商店街への支援

◎最低賃金を大幅にアップする。中小・零細企業の労働者の給与を大幅に上げれるようにするための支援策も併せて実施。「同一労働同一賃金の原則」を非正規労働者に十分配慮した運用を行う。

◎枝野代表は「国公立大の授業料半額」と「学校給食の無償義務化」を言っています。井戸さんの政策の中でも重点項目になるとよいと思います。また、授業料については、私立校に通う学生には相当額の給付を行うのが望ましい。お金がないから進学できない、みたいな話をなくすことを強調してほしい。

 ◎井戸さんがどのような選挙戦を行おうとしているのか、まず支持者に伝わるようにしてほしい。

◎政権交代をめざすためには市民と立憲野党が力を合わせていかないと可能性は低い。今の政治を変えたいと思っている人の総結集を呼び掛けてほしい。

◎オリパラの赤字を都民に押し付けるな。
◎羽田増便と横浜IRは関係あるのでは。リニア問題も取り上げるべきではないか。

    以上

「選挙への政策要望について」~井戸まさえさんに提出しました!~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トップへ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。