立憲パートナーズ大田の会

井戸まさえさん東京15区転出について

立憲パートナーズ大田の会のみなさま

ご支援いただいている皆様

東京第4区で戦ってこられた井戸まさえさんは、東京25選挙区全体の候補者1本化の調整により東京第15区へ転出することとなりました。

総選挙直前のこの結果に驚くと共に、ご本人の心中を察すると言葉もありません。現行の小選挙区制のもとで、自公候補に勝利するためには、野党側候補も1人に絞って戦わなければ勝利することが難しいことは理解できることです。

そのために候補者の1本化は避けて通れないことではありますが、この4区が調整区となることは予想もしませんでした。

立憲パートナーズ大田の会としては、全体の前進のために苦渋の選択をし、結果を受け入れる決断をされた井戸まさえさんの決断を尊重し、尊敬の念をもって今後も応援を続けていきたいと思います。

この様な結果になった経緯について、大変厳しい日程の中、長妻都連会長がわざわざ大田区まで足を運び、パートナーズメンバーにこの間の事情と今後の井戸さんの活動について説明され、胸中を率直に語られたことは尊しといたします。

今回の一連の動きに対して、候補者決定の仕組みに時代に合わない不十分さがあるのではないかと問題性を感じています。ボトムアップの政治を目指す立憲民主党なら、地域の支持者をも納得させる公正で透明性のある候補者決定の仕組みを早急にご検討いただきたいところです。

長妻都連会長との懇談では、候補者に若者と女性が少ない現状の改善もお願いいたしました。

立憲パートナーズ大田の会では、井戸まさえさんが東京15区に移られることを踏まえて、15区地元で活動を担う人々のご理解が得られるなら、可能な限り駆けつけて応援に参加したいと考えています。

また、4区では選挙区での候補者が1本化しましたので、選挙区は谷川智行さん、比例区では立憲民主党を中心とした政権交代をめざす立憲4野党への投票を呼びかけていきます。

自公政権が続く限り私たち庶民の苦難の時代は続きます。たとえ、アベ・スガから岸田に酒瓶のラベルを変えても、中の酒は何も変わりません。どす黒く濁り腐敗が進み、腐臭が漂っています。今後も#変えよう、市民と立憲野党の共闘で政権交代を、と訴えていきます。

みんなの願いは一つ。変えてほしい。#変えよう!

井戸さん15区での新しい事務所は 江東区木場5-3-4です

                 東西線木場駅出口となり

2021年10月12日  立憲パートナーズ大田の会 世話人

11日長妻さんとの懇談会でへの御願い

長妻さんへのお願い

井戸まさえさんの東京15区での選挙戦に、党として十分な支援をお願いいたします。

井戸まさえさんの重い決断を、東京選挙区全体の良い結果に結びつけ決して無駄にしないでほしい。

今後、候補者を決めるときボトムアップの政治にふさわしい、公正で透明性のある制度を作るための検討を始めてほしい。

市民とともに進む新しい政党文化を作るための努力を始めてほしい。

若者、女性の候補者が極めて少ない現状を改善するために、本気で取り組みを始めてほしい。

2021年10月11日  立憲パートナーズ大田の会

 

井戸まさえさんのユーチューブによる報告

井戸まさえ 公式サイト

https://www.idomasae.com/

 

井戸まさえさん東京15区転出について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トップへ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。