立憲パートナーズ大田の会

第35回定例会議+Zoom会議議事録

 

日時   8月17日(月)  19:00~20:30

会場   蒲田生活センター2F

プラスZoom会議

会場参加者: 仲田さん、小林さん、可児さん、大坪さん、山口さん、堀口

ズーム参加者:向達さん、塩川さん、下平さん、門脇さん、

司会 可児さん

記録 堀口

議題

報告事項

1. 区長、枝野さんへの要請文提出について

区長への要請文: 8月12日に福石さん、平野区議と大田区広報部広聴課係長に面会し手渡す。 問題は各部署に跨っているのでそれぞれの担当部署に届ける。また回答は1ケ月かかるとのこと。

提出した要望については問題として認識している。世田谷区が実施している施策を大田区ができない理由はトップの決断がないと進まないということの様で、やはり区長選で区民のほうを向いた区政を進める人を選べなかった結果が、跳ね返ってくる。選挙は大事、勝つことが大事と思い知らされる。

感染者や医療関係者へのバッシングが多くなっているので、区と我々のような市民が協力してそれに対する啓もう活動をする方が良いのではないかと追加の説明。この広報に載せましたでは済まない問題。(可児さん)

枝野さんへの要請文:井戸さんのお骨折りにより 枝野さんがコロナ対策本部長なので、窓口の担当と枝野さんの秘書に送付。 立憲民主党・国民民主党などが共同でコロナ対策案を提案しているのにマスコミの報道はない、発信力という点で現場の知事さんなどより注目されず残念な状況にある。(可児さん)

今後大田区長・枝野さんから反応があったら適時にフィードバックしてほしい。(小林さん)

2. 「市民連合おおたの会」の進行状況について

8/14 市民連合おおたの会準備会の状況について

これを最終準備会とする予定だったが、会の目的を4区総選挙候補の1本化を強調しすぎると統一候補ができなかった場合問題があるとの声などがあった。呼びかけ人に新しい人がいないので新らしい会のイメージとならない等の意見が出て8月25日にもう一度検討後、9月11日に設立総会は開く予定。(可児さん)

立憲パートナーズとしては井戸さんを推すことを明確にする必要がある(大坪さん)

立憲民主党都連が4区は共産党の候補を立てることを容認したとの情報があるが井戸さんは降りる理由がないと言っている。共産党と立憲の候補者が立っているのは東京25選挙区の中で2区と4区のみ。ボトムアップの政治を目指す立憲民主党として、それぞれの選挙区で活動している地方議員やパートナーズの声を全く聞かないまま、トップ交渉で進められるのは問題がある。

地元の活動を担っている市民に連絡は一切なく候補者が下りてくるのが従来の常識だったが、これからは地域の活動を担っている、実際の選挙で活動する市民から候補者選定の声を上げる必要があるのではないかと思う。パートナーズ大田の会で立憲民主党東京都連などに地域の声を聴いて候補者調整をすべきとの意見を伝えていきたい。(可児さん)

3. 野党合流の動きについて

協議事項1、と合わせて協議。

協議事項

1. 国民民主党との合流について

国民民主党との合流が急展開している。パートナーズ制度がどうなるかによっては、いろいろと影響が出てくる面もあるので、動きに注目したい。

18日「立憲民主党党員・パートナーズオンラインミーティング」が呼びかけられているので各自 疑問があれば事前に質問も出せるのでよろしく。

立憲のパートナーと国民のサポーターは当面併存する。国民民主党のサポーターの組織などは4区にはないと聞いている。

情報が少ないので明日のミーティングに参加して今後の動きを見ていく必要がある。(可児さん)

統一したら4区総支部の党員を含む構成員が集まる機会がほしい(山口さん)

 

2. 市民連合おおたの会設立総会について

9/11が設立総会開催。新しい動きが起きているので、 市民連合及び地域の市民連合グループ(東京で20ヶ所程度))から現状を話せる人を呼ぶよう調整中。 立憲パートナーズ大田の会からも総会には参加するようにしたい。

 

3. 総選挙の現在の状況について

・東京25選挙区政党別予定候補者の状況について

共産党・立憲民主党・国民民主党の候補者調整が今後必要になる。 れいわ新選組が候補者を立てている東京8区では市民グループも積極的に候補者調整に参加していると聞く。4区では維新の会も候補を立てる噂がある。野党候補の1本化がないと政権交代が見えてこない。市民の動きが大切。

・各選挙区での市民団体の動きなど

市民連合あだちの方々が中心になり10近くの地域の人たちが、候補者統一の要望を8月19日に立憲民主党手塚よしお議員・日本共産党小池晃議員・社民党福島瑞穂議員に面談して実施する予定になっている。

・大田区の状況について

市民連合を早期設立して衆議院選挙に向けて野党統一候補擁立に向かい活動する。

 

4. その他

区政報告会や公設掲示板の位置変更・大田区を歩く会・池上梅園駅設置等の選挙以外の活動も再開していきたい。

9月10日から大田区議会第三定例会が開催されるので報告を求めたい(山口さん)

 

次回は9月7日月曜日19時~20時半蒲田生活センター2F(予定)

 

会計:前回残高9,815円、カンパ13,600円、支出7/20・8/3,17会場費10,800円、

今回残高12,615円

トップへ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。